株取引のイロハ

お洒落な表札

お洒落な表札ってどんなものでしょうか?オリジナルにあふれた字体の表札がお洒落(おしゃれ)でしょうか、人気のガラスやアイアンの表札でしょうか?風水などでは木の表札がよいとされているようです。字体もいろんな説があるようですが基本的には住む人が好んでいる字体だったり素材だったりすることが前提のようです。表札って玄関にあるものだし、まじまじと見なくても自然と目に入るものですから気に入っていないとイヤですよね。家にとっては門が顔と言われたりしますが表札ほど一番に見られえるものはありませんね。表札の字体をみてどことなく優しい家族をイメージしたり、ご主人様の名前がフルネームで彫られていると威厳を感じたりしますね。今は通販でも買えますし、送料無料で激安で買うこともできたりします。でもサンプルの中から選ぶ方式が多いのでイメージが沸きにくい方もいるようです。そんな方には事前に写真をメールしてくれるショップも増えてますね。でもどうしても手作りしたい方もいるのではありませんか?やはりDYI(自作)は心がこもっていていいものですよね。素材も色もすべて自分でオリジナルにできるので楽しいですね。最近はアンティークな感じのアイアンやガラスの素材が人気のようです。琉球ガラスの表札なんていいですね。ハワイアン表札なるものも新婚さんには人気らしいですよ。また薄くて軽いプレートの表札はマンション暮らしのご家庭にはピッタリですね。お子様のいるお家はディズニーの表札を用意すれば可愛いポストができあがりますね。手作りしたいけど手間をかける時間があまりないという方は東急ハンズやコーナンに行って文字パーツやカッティングシートを買ってきてシールを貼る感覚で手作りするといいですね。お洒落な表札作りを夏休みの宿題(工作)としてお子様とつくるのもステキですね。

表札 風水

だれでも幸せに生きたいですし、家族には幸せに暮らしてほしいと願います。そこで家・玄関の顔である表札に風水を取り入れる方は多いです。そこで風水の表札の考え方を調べてみました。まず、表札そのものについてですが、玄関には必ず出したほうがよいそうです。表札が出ていないということは、その家の主人が不在ということになり全般的な家運が落ちるそうです。もっともよい素材は、木材。金属製の も、タイル製のものでも問題はありませんが、石材の場合は、黒い石や御影石など「陰」の強い石は避けましょう。石材でもっとも理想的なのは大理石。できれば白っぽい石材が好ましいそうです。字体は楷行書が最適です。どこに表札を出すかですが、門がある場合は、名字を書いた表札を門に出し、玄関には主人のフルネームを書いた表札を出します。位置は家を見て向かって右側が好ましいそうです。もし天然木の表札を使う場合はいずれ交換が必要になります。だいたい10年くらいでしょうか。お守りなどを失くしたり壊れたりすると、難を引き受けてくれたのだと言われるように表札も同じなのだそうです。ですので、身代わりになってくれた表札に感謝し、産土神社でお焚き上げするのが正しい扱いだそうです。表札は自分の「名前」なのですから最後は感謝して丁寧に扱いたいものですね。

表札