株取引のイロハ

しまなみのウルトラマラソン

image しまなみのウルトラマラソンは広島県福山市福山城から愛媛県今治市へしまなみ海道を100km走るマラソンです。大会名に「しまなみ海道100kmウルトラ遠足」とついているように順位を競うというより、空や海の景色や風を感じながら海の道を走る、そんなマラソンです。6月頃に四国へ旅行する方やメタボが気になるお父さんには気持ちよい汗をかけるチャンスなのでオススメです。

しまなみの遠足

image しまなみの遠足とも呼ばれるウルトラマラソンですが、100kmのマラソンを成功させるには大会の詳細について情報を集めたり体験談や事前準備が必要です。マラソンコースは、福山市(福山城)→尾道市→尾道大橋→向島→因島大橋→因島→生口橋→生口島→多々羅大橋→大三島→大三島橋→伯方島→伯方・大島大橋→大島→来島海峡第一大橋→来島海峡第二大橋→来島海峡第三大橋→今治城→今治繊維リソースセンター(今治市)の約100キロ、定員1000名、朝の5時にスタートして制限時間は16時間です。大会費は17,000円、けっこうな金額ですが、大会費の中にはTシャツ、バスタオル、模擬店利用券、スポーツ保険料、大会中の飲食代、ゴール写真代などが含まれています。ゴールの写真などはいい記念になりますね。走っていて疲れを感じたら休むこともマラソン成功のカギです。途中にエイドステーションが数箇所あるので、水分を補給して景色と美味しい空気を楽しんで、再び走りましょう。エイドステーションでは地元の絞りたての清見オレンジのジュースや、そーめんなども置いてあります。大会の申し込み方法はJR福山駅南口より徒歩1分ほどの福山ニューキャッスルホテルで受付してくれます。マラソンは心身ともに気持ちの良い運動です。ホノルルマラソンなど有名な大会もありますが、国内でも各地で大会が開かれています。ランナーが投票で選ぶ「全国ランニング大会100撰」などで人気のマラソンにチャレンジするのもいいですね。ちなみに2007年の発表では1位は東京マラソン、2位は長野マラソン、しまなみ海道100?qウルトラ遠足は9位でした。初心者の方は、まずは5km、10kmくらいのマラソンから挑戦してみましょう。

しまなみのウルトラマラソン