株取引のイロハ

アロマ 虫除けスプレー 作り方

材料は、無水エタノール:スプーン1杯、精製水やミネラルウォーター:50ml。好みのアロマ:数滴。蚊が嫌がる香りはシトロネラです。虫除けや殺菌効果があるアロマはユーカリ、ゼラニウム、レモングラス、ラベンダー、ローズマリー、タイム、ティトリーなどです。肌の弱い方や赤ちゃんには刺激の少ないラベンダーがおすすめです。これらを混ぜて清潔なガラスの容器に入れて完成。精油の濃度の目安は1%にすると肌に優しいです。

虫除けスプレー 携帯用

手作り虫除けスプレーの携帯用を用意しておけば毎日の散歩や夏休みのキャンプにも重宝します。小さなガラスの容器は100円ショップなどで手に入ります。プシュプシュとスプレーできるタイプを選ぶと使いやすいです。赤ちゃんや愛犬、肌の弱い方は直接肌にスプレーせず、衣服にスプレーする、赤ちゃんのベビーカーにスプレーするなどしてください。愛犬には、スプレーから出る霧のしぶきの下をくぐらせる感じで高く上からスプレーしてあげましょう。くれぐれも目に入らないよう気をつけてあげましょう。

虫除けスプレーの危険(ディート)

ディート(DEET)は昆虫などの忌避剤(虫よけ剤)。ダニや蚊に効果があり、ヒルやナメクジにも効果が見られる。第二次世界大戦中のジャングル戦の経験に基づきアメリカ合衆国陸軍で開発された。人の健康には重大な影響を及ぼさないとされているが、一方では連続的に大量に摂取すると神経毒性の報告もある。このことから、手軽で安価な市販の虫除け剤ではあるが、ディートが主成分の虫除け剤は、乳幼児には使用しないことを強くオススメしたい。また、大人でも長時間塗ったままにせず、石鹸などで洗い落とすこと。子供で約4時間、大人で約8時間程度を使用時間の目安として覚えておきたい。

ベビーベッド 蚊帳

日本古来のいいもの忘れていませんか?蚊帳(かや)です。とくに赤ちゃんのつかうベビーベッドには蚊帳が重宝します。薬をつかっていない安全で無添加のアロマもオススメですが、日本には蚊帳をして寝るという、それこそ安全で優しい知恵があります。最近はニトリなどでも激安な蚊帳も売られていますね。子育てに忙しいママには通販やネットでの購入もお手軽です。意外とカタログ通販などのほうが色やデザインが豊富で楽しい蚊帳選びになりますよ。網戸にアロマの虫除けスプレーをふって、蚊帳で静かな夏の夜をお過ごしくださいね。

虫除けスプレー